湘南・茅ヶ崎駅徒歩5分。ここちよい街であたまもからだも からっぽに。

らしさ

先日、10年前に購入いただいた私の絵を
玄関に飾っていただいている写真を
みかけました。
とても嬉しくなりました。

以前にも書きましたが、
私はアーティストである執着が
気がついたらはずれてしまったのです。

アーティストの私の活動はそっと置いている話

アーティストであることが
「アイデンティティー自分の本来ー」のように
思っていたことにも気がつきましたが、
それは後に振り返ってみての分析です。

<アーティスト>を握りしめてた手の
緊張と違和感に気がつき
緊張した手がフワっと開いた感じ…
だったと思います。
エイって捨てたりしていません。
筆はいつでも手に届くところにある感じ。

そんなアイデンティティと思い込んでいたものが外れてから、
「あれ?!」となったのは服。
元々、ファッションにさして興味はないのに、
服を選ぶ時は何か特別っぽい
アーティストっぽいのを、選ぶ…
フツーのはつまらない…でした。

今、フツーでOKー!
(当社比)

ソレってどういうことかというと

自分でも気づかずに、
自分で作った<らしさ>
にとらわれていたようです。

人と違うことをして、違う見た目でいると
イカニモ自由とか表現者とか
見られるのだけど、
「イカニモ」をやってたのだなあと思います。

もちろんそれもワクワク楽しいコト
ではあります。
ひゃっほーーって楽しむのもいいです。
演出的にやるのも一つです。

ただ、服でもなんでも、
表現、には
何かしら自分が顕れているけど
かといってそれが
<自分自身>でもなく
<自分を生きてる証拠>でもないなあ、と
いう感じです。

今のほうが自由に自分らしく
描けそうなのです。
描いてないから妄想だけど(笑)

これまでも、絵を受け取って下さった方たちありがとう。
また、描く時にはふわりと。

ボディ・ハート・アートのセッション
★スウィング・フロー-からだ本来の力を取り戻す
★アクセス・バーズ-脳のデトックス

★ご予約はこちらのページから
外部の予約サイトにリンクしています。
メニューを選んでお申込みください。

Line公式ページはこちらから

心、意識、からだのコトの最新記事8件