湘南・茅ヶ崎駅徒歩5分。のんびりここちよい街で緩めて、はずして、楽になる。

アクセス・バーズで、できなくなること、できること

頭がいっぱいいっぱいでわちゃわちゃで

仕事が進まない。ううう。
そんな時にもアクセス・バーズは役にたちます。

茅ヶ崎のボディ・ワーカー/セラピスト
金魚整体、アクセス・バーズの仲丸友恵です。

仕事では判断と行動が繰り返されます。

これがなかなかモンモンしているときには、
決断もできず行動が進まないわけです。
これでよかったんだろうか?と
いちいち振り返るストレスとか。

私の経験でもアクセス・バーズでは判断が早くなります。
あっちにしようかこっちにしようか悩む時間が減る。

それが自然にそうなっていくので、
かつてはいちいち悩んでいた、という
そのことさえ忘れてしまうことがあります。

が、一方で

ムリが出来なくなる時があります。
アクセス・バーズをやると、思考優位すぎるところが
からだの声が聞きやすい状態にもなります。

からだの声…というのは、
「うわ~からだからコレ食べろって言ってるわ~」と
脳内で聞こえてくるように…
そんなわけなくて(むしろ、それは勘違いが多い(^^;)

例えば5日徹夜してでもこのゲームをするんじゃ~!と
中毒的に頑張ったとします。とっても楽しいです。
そうは言っても当然限界がきたら寝てしまいます。
そして、また起きて死ぬほどゲームを…というのを繰り返してたら
からだはボロボロです。
ボロボロでもアタマはまたゲームをやりたい…という中毒

そんな風にからだを無視して続けていたことが、
からだが優位になりやすいと
むり出来なくなる時もあるんですね。
(一時的に脳の興奮で目がさえる事もありますが)
夜10時にはちゃんと眠くなったりして。

それは、もしかして…
ちょっと残念に思えるかもしれないでしょうか?(^^;

でも、からだ優位になるということは、
食べ物も、習慣やストレスなどで過剰にとっていたとしたら、
自然と減ることがあります。

最近いらした方も、それに近いような感じ

頭の中であれやこれやとヤルことが行列してて落ち着かない状態ドンドンやらなきゃと頑張りたい…
と、思っていた方がいました。

アクセス・バーズをしたらもっと頭が整理できて頑張れるんじゃないかと思ってた……


↑今じゃ考えられないようなテンションのバブルなCM(^^;

ところが、
「まぁいいや、で寝ちゃったんです、あはは」
と。以前より晴れやかなお顔で。

ここでのポイントは「まぁ、いいや」です。

「あああ~、寝てしまった~~!うわ~~」は
思考グルグルで視界が狭くなっている状態。

「まぁ、いいや」は、
諦めというよりも、人生で必要な事を
無意識に受け入れているような状態です。

私もアクセス・バーズをはじめたころに
同じようなことがありました。
「やらねばならない」だったのが
「あ、むりだわ」って
いやおうなしに。

そうしたことを繰り返すうちに、
目の前の事しか見えてないような、思考の世界が
一歩離れた視点で感じられるようになってきやすいです。
それは、人生のスムーズさにも繋がっていきます。

バーズは自分の思考の通りに人生を動かす、のとはちょっと違うけど、もっと軽やかになれるかもしれません。


とことこにゃんにゃん

あ、そうそう。
最近はアクセス・バーズの前に
体を整えるプチ金魚のセットが人気です。
なんか突然な感じですみません(笑)