湘南・茅ヶ崎駅徒歩5分。のんびりここちよい街で緩めて、はずして、楽になる。

大病院の院内カフェでお声かけした話

こんな事を言って、この人のなにがしかの体験や人生の妨げにならないだろうか?
ただのオバチャンの「正しさ」おせっかいにならないだろうか?
そんな事を考え、反省とかもしてしまうこの頃です。
はい、変なのわかってるんですが。

先日、とある大病院の院内カフェでした。
(私は単に近くの用事でカフェに寄っただけ)

となりの女性が同席の男性に話しています。
たった今、お医者さんから説明されたのは…
・歩けるぐらいの(あなたの)脊柱管狭窄症なら、たいしたことない。
・こんな遠くまで来なくても、近くの病院に行ったほうがいいんじゃないか。
・痛みをなんとかしたいのなら、ペインクリニックでブロック注射でも打てば?
・整体?行ってみたらどうですか。
ただ、それは医者の範囲ではないから紹介はできません。

そして、その女性は整体を探そうかどうしようかとも話している。
情報がなさそうな状態。
あああ、どうしようかな、どうしようかな。
パンフレットも持ち合わせてないし。
余計なことかもしれないし。

で、荷物を片付けて帰ろうとしたんだけど
やっぱり声かけちゃった。

「あの、脊柱管狭窄症なんですか?」
「そうなんですよ~~」
「あの、茅ヶ崎にそれの実績もある施術院がありまして…」
「え?!そうなんですか?誰か知り合いとか行かれて?」
「いえ、主人がやっているのですが…」(私よりもコレはだんなちゃんのほうがいいので)

ウチには脊柱管狭窄症の方とかもいらしてて、
週に2,3回も通えとかないし、
マッサージのような一時的な緩和とか
逆にゴリゴリ、ボキボキするとかじゃなくて
基本的に首を軽く調整するだけで、全身的によくなるのですが…

と、ちょっと説明しましたら、
ぜひ行きたい、
できれば今日行きたいということで、
「え?HPとか見てからじゃなくて大丈夫ですか?」って
わたくしプチびっくり(^^;

そんなわけで、
その日のラスト時間に来てもらう事になりました。
カフェでお声かけなどして怪しまれるかと思ったけど、
とても興味をもっていただいて…

が、逆の立場からすると
「これは行くべき運命だわ」というドラマチックな解釈にもなることも。
(実際そういうイキオイでした)
いやいや、ソレは
「単に選択肢のひとつが現れただけなので」、とも言いたくなる。
(過剰な意味づけは好きではないワタクシです)

ともかく、それがウチであれヨソであれ、
よい方向にいくきっかけになりますように、と思います。
そしてだんなちゃんのHPはこちら。
https://chiro.phi-creation.com/
結果、ステマでしょうか(^^;)
私とはちがうセッションをしているだんなちゃんのご紹介です(^^)

未分類の最新記事8件